朝3時起床。おかりしてあったチームカーに機材つみこみ。

本日の機材:
マドン6.9、ホイールはアイオロス6,5チューブラー。あと3本ローラー、スペアホイールとしてデュラエース7801カーボン。(試走でパンクしたりした時のため)
持てる戦力総投入、ってかんじです。フロントはいつものコンパクト、リアは12-25Tと平凡な仕様。結局インナー(34T)は心臓破りでしか使わなかった。

I橋さんをピックアップしてショップへ、4時出発。

関越、渋滞とまではいかないけど、かなり混んでます。

6:50群馬CSC到着。
すぐに機材おろして受付。試走2周。今日は完全ドライで路面コンディションは良好。あいかわらず補修されてない部分も多いですが。レース以外でも人がたくさん集まって収益あがるといいですねぇ。

試走してから、すぐにB,C,Oクラスのメンバーはアップ開始。
20100606群馬UP




B、C、Oクラスの出走を見届けて自分もアップ開始。
20100606群馬B20100606群馬O





3本ローラー。40分くらい。1分間ファストペダル2本。

20分くらい前に集合地点へ。
AQULSのKさんとご挨拶。Eクラスに出走されます。

本日の「めあて」、&作戦。

今日は代替戦で、もともと予定されていたMt.富士ヒルクライムや、ツールド宮古島や、富士あざみ(ここは自分のクラスで出てる人は多くないと思われます。でもニャロメさんはでてました、すげー)などなどが開催されています。
よって、参加人数少なめ、チャンス多め、のはず。

CとかDクラスって人数多すぎて、すごく実力のある人ならともかく、昇級するの大変。事実自分の周囲にも実力者なのにCクラスという人けっこう多いです。

そして、このレースの次の三宅島には、ムフフ、の状態(いまのところ)がまっているはずなので、なんとしても今日は入賞して昇級したい!!

で、いつものようなやんちゃなレース展開をするのは封印。本日はアタック禁止。平地での先頭牽き禁止。ゴールスプリントのみに集中。

最前列に陣取り、定時に号砲一発、レーススタート。
ローリング・スタート、なんですが、はじめからレースペースです。LAP設定してなかったので、正確にはわかりませんが、体感的には普通にレーススピード。
まあ、団子になって下るより安全なのでかえって安心。

1周目。5番手あたりをキープ。ペースは結構はやいぞ。

2周目、やばい、きつくなってきたかも。
でも、2周目まできついのはいつものこと。たぶん3周目になれば楽になるはず、とこらえる。前方で展開しているメンバーは大体決まってきて、
SNELの人、OVER-DOの人、Dot3の人、あと白オレンジマドンの人とか。
自分も5-10番手あたりをキープ。

3周目。いつものように、ぐっと心肺、脚とも楽に。集団にいればサイクリング状態。
実際速度もおちている。心拍140以下までおちつく。いつもなら、ここでアタックかけたいとこですが、我慢w。下りだけは先頭牽き。(牽いてないか、重力でおちていくだけ)

4周目。先頭周辺のメンバーはあいかわらず。実は、自分が事前にマークしていた人があまり視界に入ってこない。おかしいな〜?見当はずれ?
で、ちょっと後ろに下がってみた。20番手当たりまでさがって、全体を見渡す。
あ、いました。BMレーシングの人。きっちり10番手くらいで、集団中央でぬくぬくされておりますw。上手な人は、ちゃんといいところにいるんだよな〜。やっぱりマークはずしてはいけなそうだ。(
心臓破りで3人ほどがするする、っと抜け出しそうに。
これは逃してはまずい。数名とともにすかさず追走。
バックストレートで振り返ると、集団は二つに分断。
でもここで先頭集団はお見合いになり、再び集団はひとつに。はい、自分も牽きには出ませんでした。
この周はJCRC賞あり。自分は今回は入賞狙いなので、JCRC賞は狙ってません。
ホームストレートで、すっと先頭にでてきたのはUGOのHさん。自分より20歳先輩です。すげー。ゴールラインでHさんがいっきに加速。自分はそのまま。ほしいかた、どうぞ。と思ったら、後ろからきたのはもう一人だけで、自分もJCRC賞(3番通過)いただいちゃいました。この靴下、薄手でなかなか良いんだよね。

5周目。最初ののぼりでいっきに先頭にでる。ここから下りきるまで先頭牽き。(てか、やはり重力まかせ)ヘアピン後に合図して下がって、5番手くらいをキープ。みんな先頭牽きたくないので、すぐに間にいれてくれます。
けん制入ってペースが落ちると両脇からどんどんあがってくるけど、なんとか5-10番手くらいをキープしながらすすむ。心肺、脚とも余裕。今日はアタックも先頭牽きもしてないので鼻歌です。
心臓やぶり、前に出ておこう、と踏んだら、あら、先頭になっちゃいそう。いやいや、まだ早い。脚をゆるめてまた3番手くらいをキープ。
その後のアップダウンでも2-3人にぬいてもらい、6番手くらい。

さあ、ホームストレートに帰ってきましたよ。
心肺も脚もちょうどウォームアップがおわったくらいだ。(その割にはゴール前の速度がしょぼかった、46km/hちょい。情けな〜)
両脇からどんどんかぶってくるが、我慢。集団の中でおとなしく。
最後の200m、登りのところだけ全開でいく作戦。
と思ったら、まずい、前がつまり気味。ちょい遅れで前があいたので全開アタック。
両脇の選手が後ろに流れていく。先頭にならべる、というところでゴールラインが!!
自転車を投げる!うめき声のような変な声がでちゃったよ。

結果は・・・

残念、2着。0.05秒差。
20100606群馬CSC賞状

とりあえず、Dクラスは卒業できました。Cクラスは人数おおすぎ、激戦区なので早めに通過したい(ってそんなに甘くないか・・・)。でBかAにあがれたら、また自分の好きな展開で(たとえ入賞できなくても)走りたいなぁ。
我慢してスプリントだけで入賞(優勝ならまだしも)だと、力が残ったまま終わってしまって充実感が少ない〜。結果ダメでもアタックしたほうが気分爽快!!(そもそも上のクラスにあがると完走すら危ぶまれるか?アタックするどころじゃないか・・・ま、それも出し切れるという意味では同じに充実感あるでしょう!)

平均心拍158(さぼりすぎ)、38.35km/h(公式記録)、35.0km/h(メーター読み)。
出力(GPS2パワーで計算)240W。これ、ほとんど集団の出力だから、自分の平均出力って200Wくらいか?こりゃ楽なはずだ。

あ、事前に自分がマークしていた人、BMレーシングの人が3位、SNELの人が4位。優勝のおおえだRTの人はマークできてなかった。次からはチェックだ!

賞品その1、最近自転車かった職場の人にあげました。
20100606群馬賞品2

賞品その2、子供たちに好評だった、小ねこのサブレ。
20100606群馬賞品1






一緒に走ってくれた皆さん、ありがとうございました。

I橋さん、車両の手配、集金など、面倒なとりまとめありがとうございました。
TAOさん、帰り自宅までおつきあいいただきありがとうございました。

次は三宅島だ!

船酔いが心配・・・