先日から導入しているボントレガーのインフォームRLサドル、サドルサイザーで自分の骨盤の幅にあわせたサイズのものを購入します。乗り味はセライタリアのSLR kit carbonioとくらべるとがっしりした感じでしなりなし。クッションはしっかり入っていますがペダリングで沈むこともありません。
銚子センチュリーランで初のロングライド。結果は上々、尻の痛さはでませんでした。ただし、これには別の理由も・・・

カロリー【5971】kcal走行距離【161】km
別の理由とは、乗り方、の問題。ひとつはこの試走結構頻繁に休憩が入る上に、休憩時間も長いです。なのでブルベとはまたちがう。もうひとつは乗り方。
サイクリングペースでのっているとやはり尻は痛くなってきました。そこでギアを重くしてのると尻はぜんぜん楽に。脚にある程度の負荷をかけてやって、尻にかかる体重を分散するのがミソのようです。自分の尻が痛くならない最低のスピードは平地で時速30kmのようです。
これらをさしひいてもinformRLの快適性は間違いなさそう。骨盤の幅にあわせてあるためか、SLRより幅広にもかかわらずペダリングにはまったく支障ありません。
ただ、あとで写真みたらまたサドル後ろ下がりになってるような?