Elite V -Arion 3本ローラーのベルト切れ 修理してみた ついでに錆び取り

もう10年以上使ってるl Elite V-Arion。負荷をかけられる3本ローラー。
とうとうベルトが切れました。
サビもすごいので、ベルト交換ついでにサビ落としもしたい。

取り寄せたベルトはこれ。

錆び取りに使ったのは、
スクレーパーと、ドリルにつけるワイヤーブラシ、自転車用錆おとし。
全て100均(ダイソー)製。
どれもなかなか有用、動画見てみて。

で、件のベルトですが、元々っついていたものよりも68cmも短い、
まじか?どうみてもつかないんじゃね?と思いましたが果たして?



足で前週引き伸ばしたらだいぶ伸びたけど、まだだいぶきついぞ。
Awiq0BJZedVmhpd1625379522_1625379629


Pioneer SGX-CA600をSHIMANO CONNECT Labに接続!

Pioneer CyclosphereからSHIMANO CONNECT Labへの移行が終わったら、
Pioneer SGX -CA600の設定もやっちゃいましょう。
CA600用の新規パスワードをSHIMANO CONNECT Labで作成。
スマホのCyclosphere ControlにSHIMANO CONNECT Labに登録したメールアドレスと先に作成したパスワードでログイン。
(CA600でもできるけど文字入力が面倒)
これで WiFi経由で、CA600のログをオートアップロードできます。





Guy4CtWd5ZVH1fx1625101976_1625102037

ボトルケージのねじの頭取れちゃった! ドリル唸らせるしかないか・・・

ボトルケージを外すために、ネジを回したら、なんとネジ頭がもげてしまった!
んー、しくじった。しばらく放置。失敗したものって見たくないよね。
blog、動画ネタとしては良いのだから、もぎ取れるところから撮ってあればよかったんだけど、もげた後も撮影する気にもならず。
一念発起して修理することに。
で一応録画したけど、いきなりドリルですw
手元にポンチもなかったから、細いドリルでセンターにマーキングして、
あとはネジにドリルを貫通させて、内側からねじを削りとる作戦。
で、最後にタップでねじの溝を切り直す。

実は大昔にも同じ失敗していて、その時と同じ方法でいけるだろ、と30分強格闘したのですが、もっと楽な方法あるらしい。途中までねじを掘って、ドリル逆転させると、ねじ抜けてくることがあるそうで。(のむラボさんのブログに書いてあった)
そんなの知らなかったので、ひたすらドリリング。
持っているタップ&ダイス、セットものの安物なので超慎重に。

滅多に使わないけど買おうカナー、これとか


もうちょっと安めのだとこれとか

使ってるドリルはリョウビの一番安いやつ。これの旧型。

Pioneer CyclosphereからSHIMANO CONNECT Labへのデータ移行 Garmin EdgeからWiFi経由でSHIMANO CONNECT Labへデータを送るには?

2021.06.30 SHIMANO CONNECT Labが公開されました。
同時にPioneer CyclosphereからCONNECT Labへのデータ移行も開始。
このデータ移行ができるのは2021.09.30までですのでさっさとやっちゃいましょう。
サイトの混雑具合にもよると思いますが、自分の場合はポチッとしたら数十秒で移行完了してました。

今回のSHIMANOへの移行の要点

1.CONNECT Labでもフォースなどペダリングデータは継承される
>ということはSHIMANOの次期型パワーメーターもおそらくパイオニアの技術が反映されるはず

2.Cyclosphereが終了した6/18から6/30までの、CA600に溜まったデータは、設定が完了すればWiFiでCONNECT Labにアップロードされる。

3.Garmin Edgeなどの他社製品からのデータアップロードはPCとの優先接続
結構CA600からGarmin Edgeに乗り換えた人も多そう。でもWiFiでデータアップロードできないと不便ですよね。
考えうる解決策は二つ

1)Garmin Connectに乗り換える
WiFiで自動アップロードされます。過去のCyclosphereのデータはどうするか。まずはSHIMANO CONNECT Labに登録・移行してアクティビティ・リストからまとめてFITにしてダウンロード(動画にあり)、それをまとめてGarmin Connectにアップロード。

2)StravaやTraining Peaksと、Garmin Connect、SHIMANO CONNECT Labを両方リンクさせる。
実際に試してないので誰かやってみて。Gamin ConnectとSHIMANO CONNECT Labは直接リンクできないので、StravaかTraining PeaksとGamin Connect, SHIMANO CONNECT Labの両方をリンクさせる。これでGarmin Edge>Wifi>Garmin Connect>StravaかTraining Peaks>SHIMANO CONNECT Labとデータが転送されないかね?
自分は今までもデータはTrainig Peaks,StravaにもGarmin,Pioneerからリンクしてました。CyclosphereにはPioneerのデータしかアップしてなかったので、先の提案がうまくいくかは分かりません。誰かやってうまくいったら教えてください。(自分はSHIMANO CONNECT Labにデータを全て集約するつもりがありません)






shg2uqQaxlHiNAV1625039209_1625039321

Garmin Edge 格安入手法! 期間限定 Pioneer CA-600からの乗り換えにも!

PioneerのCyclosphereが終了して、サイコン買い替えようかな、という人が周りにちらほら。
良いタイミングでキャンペーンやってます!
実質Edge530が34501円!
僕の知り合いはDMください。いいことあるかも。


5OkcwtsidcQdKGA1624853065_1624853165

Strava セグメント 89HongouClimb 山田の登り

千葉国体コース(一部改編)で練習していることが多いのですが。
ここのところStravaセグメントでいうところの89HongouClimb、僕らの中では山田の登り。
今まではほとんど負けなかったのが、最近連敗。
そろそろ巻き返さないと。
あ、Stravaの記録的には自分より全然速い人は山ほどいますよ。



yamada

サイクルジャンボリー 袖ヶ浦 2021 その2 レディース・グランプリ 3時間エンデューロ

その1からの続き。
僕の成績がメンバーの割に良かったのには一つ理由がありまして。
某社のタイヤ、ドライ性能は相当良いようなのですが、ウェット性能がやばかった模様。
レース中に、グリップしないの?って聞いちゃったくらい。普段超速い人がヨレヨレに。

その2、はレディース・グランプリ、3時間エンデューロ、表彰式です。
レディース・グランプリは米田さんの独走が見どころ。2位争いはスプリント。

3時間エンデューロ、今回女子はすごかった。
先頭集団は3ヒートレースの猛者が揃っているので、通常のエンデューロレースよりもペース速い。そこに、篠さん(オープン参加で計測チップなし)、沙弥さん、春湖さんの三人が。

そして篠さん、最後まで先頭集団で行っちゃったw
しょっとこさんが近く走ってたので、中切れ埋めるサポートしたりしてたのかな?と思ったら、全然していないそうで。ますます驚き!どんだけ速いんだ。登りだけじゃないのね。
(篠さんの走りはその1、の方の動画に映ってます)

さて、肝心の内房レーシングの走りは?




cp3F1dxSqVl2h1t1624355730_1624355964 (1)


サイクルジャンボリー 袖ヶ浦 その1 3ヒートレース・3時間エンデューロ

エントリーした時は、全日本選手権の裏番組だから、楽しく走れると思ってた、サイクルジャンボリー 袖ヶ浦。
全日本選手権が延期になったら、全日本から選手がたくさん流れてきて、場違い感満点w
なので、安全に完走を目指すことに。
が、当日は朝から雨。しかもレース会場だけ雨、という。誰だ雨男(女)は。
今回僕のレースは3ヒートレース。タイムトライアル・クリテリウム・エンデューロと、3レースを1日で走り、総合順位を競うレース。
一番得意なタイムトライアルが一番ダメな成績でしたが、無難にまとめて総合成績はこのメンバー考えれば上々でした。




w0fyLE9BMntaJ6m1624279325_1624279492

路上でのパンク修理(クリンチャー)。チューブレス・レディでの備えは?

久々にパンクして、路上でパンク修理しました。クリンチャーだったのでパッチ貼って修理(スペアチューブ持ってなかった、パッチとポンプ持っててよかった。TTバイクだったのでツール缶持っておらず)。
動画は初心者向けにコツを伝える内容です。チューブレス用のパンクキットについても触れてます。
hgB6MDk2c0zWcqI1623913830_1623913927


普段持っているポンプはこれ(動画内のものはディスコン)


パッチはこれ


で、チューブレス・レディのパンクに備えて持っているのは
まずはこれ


次にこれ。タイヤの外からさして穴をふさぐキット。ただ、穴が小さいと押し込めない。あとシーラントはスタンズ使ってないとだめ。


で、小さい穴用にはこれ、

 Tappabuco

最近教えてもらった。



Tappabuccoのツールがあれば、スタンズのはパッチだけ持ってればOKらしい。
幸いどちらも今のところ出番なしです。



新型デュラエースR9200を2分でまとめてみた!

SNCtl15o3VGDPzb1623554854_1623554901
Bike Radorがスクープした、新型デュラエース。
ロゴが隠してあるものの、デュラエースであることは間違いなさそう。
チェーンリングは他社あるいはプロトタイプかもしれません。
(クランクも製品版とは異なる?という話も。パワーメーターの電池ボックスの位置がちょっと不自然な気も。なんかぶつけてこわれそうw)
まだ謎だらけではありますが、まとめてみました。


Recent Comments
自転車ブログ
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
Archives
お問い合わせ
  • ライブドアブログ