後ろからの自動車を検知せよ!自転車用レーダー!Garmin RTL515とVaria Vision

田舎で冬場の早朝練習だと、たまに後方から来る車は音で気づけます。
風の強い日は音が聞こえませんが、早朝だとライトで気づきます。
が、最近は日の出が早くなって、ライトつけていない自動車が増えてきた。
田舎道は路側帯走るとパンクするので、車道をちゃんと走りたいですが、
自動車からは邪魔に思われてか、スレスレを猛スピードで走っていく車も(録画してるんだよ、品のない運転はやめましょう)。
事前に検知することで、安全に、お互いに気持ちよく走れるように導入してみました。
スクリーンショット 2021-04-15 14.34.29

Garmin使っているなら、これおすすめです。
僕のサイコンはパイオニアのためRadar連動できないんですが、
お蔵入りしていたVaria Visionを出してきて便利に使っています。

スクリーンショット 2021-04-15 14.32.40


使用してみるとVaria Radar、おすすめです。


袖ヶ浦フォレストウェイのあとで つねずみ苺園 久留里・喜楽飯店

レースの後のお楽しみ。
ご飯とおやつ。

つねずみ苺園は、苺狩りは休止中ですが、いちごかなりお安く買えます。続々とお客さんが来てます。
で、何種類かあるんですが、買い食いするならおすすめはべにほっぺ。程よい酸味と甘味でとても美味しい。コンテナ、って大量に入って安いのもあるけど、こちらは酸味がほとんどなくて、味が薄いみたい。
IMG_1908

そして前から行ってみたかった、久留里・喜楽飯店へ!
IMG_1915

特製ラーメン、えびチャーハン、レバニラ炒め食べて、盛り、は普通だったね、って言ってたら。
お店を出てから路地抜けて、地元のパン屋さんまつぼっくるりで、さらにおやつ調達したところ、
お店の方にあそこ(喜楽飯店)は盛りがいいですよね、と言われ、自分たちの大食いを自覚したのであった。
まつぼっくるりの葡萄パン、めちゃうまいです。
帰路では久留里線が通りかかって、良い雰囲気でした。
レースのあとはちょっと久留里方面に足を伸ばすと楽しいですよ。

動画後半は食べlogになってます。


袖ヶ浦チャレンジ2021!

久々のレース、袖ヶ浦チャレンジ2021に。
100kmに参加。序盤はまったりペース。後ろの方でプラプラしてたら、だいぶ無駄脚使ってたのか?
みんな久しぶりのレースだからなのか、結構ふらついたり、ラインキープできない人もいて怖いw。
85kmくらいからサポートライダーのひき、が始まりペースアップ。いいぞ、いいぞ、危険回避できて、1列棒状の方が。なんて思ってたら、90kmで脚つったw
つった脚を誤魔化しながら集団のけつにへばりついてたら、サポートライダーの高木選手が声かけてくれたり。このかた、素晴らしかった。サポートライダーの鏡。
結局最終周のヘアピン登り返しで千切れましてw
ゴール後、チーム員観戦しようと思って観戦エリアに行ったら、両脚つって立っていられずw
まいったね、これは、体重重すぎ、練習不足と、ビビってむだ脚使いすぎたんだろうな。精進します。
Mieさん、女子三人が同一集団で2位争い。優勝のHarukoさんは80kmまで先頭集団!で別格だった。結果3位。集団内で2:1の戦いで頑張りました。
IMG_1872

午後の50kmでは Ananさんが魅せる走り!惜しい、2位。あそこはね、隣みちゃいけないです。抜かれそうになっても最後まで踏み切るのが良いです。
171149269_1781014975437311_1308890067552014624_n



ロード用チューブレスタイヤのメンテナンス

ロード用チューブレス、乗り心地良くて最高、なんですが、メンテナンス性がよろしくない。
90mmホイールをTT用に使っていますいが、普段は使わない。
しばらく放置になって、いざ使おうとするとタイヤぺしゃんこ。
空気入れても、ダダ漏れw

本当はタイヤ外して、古いシーラントを全部取り除いて、
タイヤ組み付け直して、新しいシーラント入れて。
ってのが正しいのはわかってるんですが。

タイヤの脱着だけでも一苦労なので、やりたくない。

お茶を濁すメンテナンスでなんとかしました。
バルブの清掃(シーラントがつまりかけてた)とシーラントの追加作業。
シーラントもいくつか使ってみましたが、現在はSTANS。
タイヤ組み付けた時にあまりに漏れがひどい場合(ちゃんとビードが上がってる前提ですが)、フィニッシュラインのシーラントが功を奏したことがあります。




iexFChwFlSiC0qe1617861785_1617861895

Occulus Quest2のリコール・プログラム(スポンジ部分)

すでに2月からやっているので、ほとんどの人は知っていると思いますが。
自分はdrikinさんみてやってるの知ってたんですが、そのまま放置していたので
ようやく本日申請。
drikinさんによれば日本人の鼻でもフィットして、遮光性もよくなるらしい。
申込はこちらから。
OQ2
このタイプのカバーが無償で送られてくるとのこと。

その出力であと何分もつの?ガーミンにきけ!W' bal(dFRC)の話

ある程度の時間(約1時間)持続できる強度の指標としてFTPが普及した。
トレーニングの指標としてFTPより高い強度は、FTPの何%、という形で強度設定されてきた。
しかし、FTP以上の強度は個人差が大きい。
このFTP強度以上の運動容量がFRC(W')。
電池に例えられて、強度が高いほど早く消費する。

これをガーミンでリアルタイムに表示(d FRC,W` bal)できるConnect IQアプリ2種を使ってみた。

例えば、この登りでのアタックについていけるのか?とか、この逃げに乗り続けられるのか?とか、ローテーションこの秒数なら回せる、とかいう使い方ができそう。



W’の原理はこちら。
ここにTAU(回復)についての記載もあります。


CLUB HOUSE 第8回ロードバイクを駆る医者と話そう 筋膜リリース・マッサージ・ストレッチについて

かつて筋膜リリースと言われていた、トリガーポイントマッサージ、のような行為は、筋膜を剥がす、という組織レベルでの変化は起こさない。でも、科学的な説明に至らずとも、筋緊張が取れたり、リラックスできたり、心地よかったりすれば、良いでしょう、という感じ。
個人的には最近、低周波治療器注文したので、近々動画ネタにつかう予定です。マイクロカレントにも対応。低周波よりさらに微弱な電流を流すことで創傷治癒を早めたり、疲労回復を早めるらしい。機序はよくわかっていないが、事象としてはATPの産生が増えるらしい。が、医学的にだいぶ前に流行って既に廃れた?現在は骨癒合を早めるのに超音波が使われていて、大雑把にいうと、一度軽く破壊することで再生を促進する、というのが原理だそう。
毎週開催はあと2回。以後は随時開催の予定です。リスナーで参加していただいている方も、ぜひご発言ください。ご質問にもできる限りお答えしたいと思っています。

Airofit PRO 続編、てか訂正といってもよい。

前回紹介したAirofit PRO。使い方がてんでだめなので
続編つくりました。
だめだったのは、
使う際には吸気・呼気のダイヤルをアプリの指定通りにあわせること。
そしてマウスピースのくわえかた。
口の中(唇と歯の間)にマウスピースを入れます。
赤ちゃんのおしゃぶりみたいじゃだめw
空気だだもれになってまともに測定できていませんでした。

肺テスト、で昨日1.8Lだったのが4.9Lに。
これ、肺活量だったのね。あまりに少ないから肺活量じゃない別の数値かと
思ってた。

airofitPro

昔からあるメジャーなやつはこれ。



AIROFIT PROで呼吸筋を鍛えるよ!

この類の呼吸訓練機器って何年も前からありましたよね。
でも、買わなかったのは、その頃は、呼吸訓練してる暇があったら、ローラーのるわい、と思ってたからw。
でも、いまは体力的にがりがりトレーニングできないので、齢だからw。
ちっとでも楽になったらいいかと、AIROFIT PRO買ってみました。

airofitPro
なぜこれにしたかというと、スマホと連動して、楽しく続けられそうだから。
買ってみたら、呼気・吸気に別々に負荷を調整できるというなかなか優れもの。今セール中です。
メーカーHPはこちら


CLUB HOUSE 第7回ロードバイクを駆る医者と話そう パワートレーニングについて

今回もご参加いただきありがとうございました。
僕自身はパワーメーターの導入はPolarのチェーンで測定する方式の頃から導入しており、当時は原文で読むしかなかったTraining and Racing with Power Meterを少しずつ読み進めながらトレーニングしていました。このブログ内に記録残ってます。
が、最近は年齢に贖うのが難しい、という言い訳をして、きついパワートレーニングはせずに、すっかり楽しく乗る方向に行ってます。
なので、最近の動向をきちんと把握しておらず。
WKO5は購入したものの、初めはちょっと勉強してまとめたのですが(当ブログにあり)、途中で放棄して現在はただデータをためてmFTPの低下具合を眺めるだけ、ですw

で、CLUBHOUSEで話題にしたトレーニングの評価について。
CTL、TSS、やTSBの弱点は、という話。
CTLが上がった状態はフィットネスが上がって、良い状態になっている可能性がある一方、数字だけ高くてダメダメというケースも出てきます。例えば、低強度で長時間乗ることだけを繰り返す、とか。
で、そこを解決するかもしれない指標はとっくにWKO5に搭載されていました。

それがTIS、Training Impact Score。
PCGの南部コーチのHPから
TISは有酸素と無酸素への特異的な刺激を定量化したものと定義されているようです。今まではTSSで体への負荷を定量化していた訳ですが、これだと狙ったトレーニングが出来ているかどうか把握するのは困難でした。

でね、検索したら自分のブログにすでにまとめてましたwすっかり忘れてた。
興味沸いた方は読んでみてください、僕も読み返しますw
Recent Comments
自転車ブログ
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
Archives
お問い合わせ
  • ライブドアブログ